ページの先頭です

新発見! 高山市での富本憲吉氏の足跡

[2014年7月25日]

ID:834

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

庁舎ギャラリーの展示作品に追加されました!

 

 戦時中、富本憲吉氏が高山市に疎開していたことから、高山市観光協会、高山市等の協力で安堵町職員が、

 富本憲吉氏の足跡などの現地調査を行い、当時の窯跡(かまあと)から発見されたものです。

 

 庁舎ギャラリーの展示作品に、下記作品を追加展示しましたので、是非ともご覧ください。

 
           「染付皿片」   昭和20年頃、 岐阜県高山市

 

 東京美術学校工芸講習所(現在の東京芸術大学) が高山市の芳国舎(ほうこくしゃ)(渋草焼)に疎開していました。

 ここで、指導していた富本憲吉氏が登窯(のぼりがま)をかりて、講習所の生徒と制作を行っていた頃の皿片が

 窯跡(かまあと)で発見されました。

          

          芳国舎 : 1841年(天保12年)に創業。

                 明治十一年、高山の名家事業家の「三輪源次郎」が主となり、有志によって経営が引き継がれ、

                 明治政府『後藤象二郎、伯爵』、『勝海舟、伯爵』、『山岡鉄舟』の関わりのもと【芳国社(舎)】

                 と命名されました。

          渋草焼 : 飛騨高山で江戸末期から続いている手造り、手描きの焼き物(陶器、磁器)です。
      

     

染付皿片 昭和20年頃、岐阜県高山市

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。