ページの先頭です

地方創生臨時交付金の活用について

[2020年9月29日]

ID:2455

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

安堵町では、新型コロナウイルス感染症からみなさんの生活を守り安心して暮らせるよう、地方創生臨時交付金を活用し、次のように取り組む予定です。

地方創生臨時交付金の活用について(第2次分)
取組 内容 担当課
公共的空間安全・安心確保学校・公共施設の消毒などさらなる感染症予防対策各施設
地域の防災活動支援避難所となる集会所・町指定避難所等の消毒薬配備など、感染症対策に対応した環境整備の充実 総務課

高齢者インフルエンザ予防接種助成事業

満65歳以上の高齢者で接種希望者に対し、インフルエンザ予防接種費用(自己負担分)を助成

健康福祉課

衛生用品配布・備蓄事業

町内在住の70歳以上の方を対象にマスク・アルコール除菌ウェットティッシュ・マスクケースの配布および保健センターへのマスクの備蓄

健康福祉課

保健センターおよび       こども園 環境充実事業

保健センターの3階空調整備(改修)およびこども園の給食施設空調等整備(改修)

健康福祉課   こども園

自粛要請臨時支援金事業奈良県の自粛要請に応じていただいた町内の事業所に対し、臨時支援金100千円を給付産業課
事業継続支援助成金事業

町内に法人登録がある法人に対し、固定経費等の支払いを支援するため、100千円を助成

産業課
地域振興券発行事業

町独自の地域振興券を発行し住民生活支援と地域経済再生の一助とする。 1世帯に20千円の地域振興券を発行

産業課
小学校衛生環境充実事業老朽化した和式トイレの改修・熱中症対策およびソーシャルディスタンスを保ちつつ効率的に作業できるよう配膳室を改修

教育総務課

教育支援体制整備事業教師が子どもの学びに注力できるようスクールサポート・スタッフを配置

教育総務課

地方創生臨時交付金の活用について(第1次分)
取組 内容 担当課
 公共的空間安全・安心確保学校・公共施設の消毒など感染症予防対策各施設
 地域の防災活動支援避難所となる集会所等の消毒薬配備など、感染症予防対策 総務課

 子育て世帯への臨時特別給付金上乗せ給付

学校の臨時休業、事業所休業などによる子育て世帯の負担の軽減

児童1人 15,000円 

こども支援課

 ひとり親世帯への臨時特別給付金

ひとり親世帯の生活支援 

児童1人 15,000円

こども支援課
 給食費等の無償化

町立学校、こども園の保護者負担の軽減を図るため、給食費2か月分を無償化

こども支援課

教育総務課

 学校ICT環境の整備推進GIGAスクール構想を推進し、学校ICT環境を早期に整備教育総務課
 中小企業等事業者支援

セーフティネットの認定を受け、金融機関から融資を受けた事業者に対し、1事業者10万円

産業課
 水道基本料金免除町の水道利用者の水道基本料金2か月分を免除上下水道課
 図書室WEBシステム整備図書室での接触機会を減らすため、オンライン予約検索システムを整備生涯学習課

お問い合わせ

役場内 57-1511(代)

健康福祉課 57-1590

子ども支援課 57-1591

上下水道課 57-2333

生涯学習課 57-2281

受付時間 午前8時30分から午後5時15分まで(各庁舎施設開庁日)

国、都道府県の支援

国や都道府県が行っている支援情報などについては、こちらをご覧ください。

国の支援情報 (内閣官房 新型コロナウィルス感染症対策

奈良県の支援情報 (県内事業者の方への情報  個人の方への情報


ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。