ページの先頭です

安堵町花だより

[2016年4月13日]

ID:1353

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

暖かい春がやってきました。住民の方と蒔いたレンゲの種が、この春に花を咲かせ、これから満開を迎えようとしています。

レンゲ畑で遊んでみませんか。

※耕作者の了承を得ていますので、自由にレンゲ畑の中に入ることができます。ただし、ゴミ等は必ずお持ち帰りください。

口では、「レンゲ」と言いますが、正式な名称はゲンゲ(紫雲英 / 翹揺)と言い、別名のレンゲソウ(蓮華草)は、ハス(蓮)の花に似ていることから由来し、レンゲ(蓮華)とも呼ばれています。

 

「手に取るな やはり野に置け 蓮華草」は江戸時代に滝野瓢水が詠んだ俳句です。蓮華は野に咲いている(自分のものではない)から美しい。だから、自分のものにするとその美しさは失われてしまうという意味になります。転じて、そのものにふさわしい環境に置くことがよいというたとえとして使われます。

 

分類:マメ科ゲンゲ属

花言葉:「あなたと一緒なら苦痛がやわらぐ」「心がやわらぐ」

安堵町に咲きほこるゲンゲの花。

ぜひご覧になってはいかがでしょうか。。。

 

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。