ページの先頭です

高齢者インフルエンザ予防接種のお知らせ

[2021年9月14日]

ID:383

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

高齢者のインフルエンザ予防接種は、10月1日から始まります。

インフルエンザの重症化を予防するための予防接種で、個人予防のために行うものです。

自らの意思と責任で、接種の有無を決めましょう。

ワクチンの効果が効き始めるのが、接種後およそ2週間後です。

有効性を高めるためにできるだけ早めに接種しましょう。

ワクチンの在庫については、接種を希望される医療機関に事前に問い合わせてください。

対象者

(1)満65歳以上の住民で接種希望者 

(2)満60歳以上65歳未満の住民で心臓、じん臓、呼吸器機能、ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能に障害を有する方で接種希望者(障害については身体障害者手帳1級に相当する程度)

 

※(2)に該当する方は事前に福祉保健センターまで問い合わせてください。

 

費用(自己負担額)

令和3年度は無料

接種回数

1回

基礎疾患をお持ちの方等で医師の判断で2回接種が必要とされた方は、

2回目の接種費用は自己負担となります。

接種期間

 令和3年10月1日から令和4年1月31日

接種医療機関

・王寺周辺広域圏7町(平群町・三郷町・斑鳩町・安堵町・上牧町・王寺町・河合町)の

 広域医師会員の医療機関での接種は、直接医療機関へ予約してください。

・王寺周辺広域圏7町以外(県内・県外)で接種を希望される方は、

 福祉保健センターでの事前の手続きが必要となりますのでお越しください。

 ※事前の手続きは令和3年10月1日からです。

   9月中に来所いただいても手続きはできません。お気をつけください。

接種にあたって

<体調のよいときを選びましょう>

かかりつけ医や接種医と、接種の可否についてよく相談し、判断してから受けましょう。

副反応の出現についても、接種時に渡される説明書をよく読んで理解してください。

<接種後は体調の変化に気をつけましょう>

副反応として接種後から数日の間に発熱や寒気、頭痛、だるさ等を認めることもあります。

また、稀ですが接種後30分以内にショック(じんましん、呼吸困難等)があらわれることもあります。

<その他の予防接種との間隔>

新型コロナワクチン等他のワクチンとは、互いに、片方のワクチンを受けてから2週間後の同じ曜日以降に接種できます。原則として新型コロナワクチンとそれ以外のワクチンは同時に接種できません。

お問い合わせ

安堵町役場健康福祉課[福祉保健センター]

電話: 0743-57-1590

ファックス: 0743-57-1592

電話番号のかけ間違>いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。