ページの先頭です

11月11日開催 安堵町・明治150年記念シンポジウム「大和維新」

[2018年11月2日]

ID:2094

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

明治150年記念 文化講演会&小説「大和維新」トークセッション

 大和を中心に観阿弥・世阿弥による「能」の文化が培われ、「定家」は安堵町の花「定家蔓」がモチーフとなった名作、そして激動の明治に安堵町に生を受けた近代陶芸の巨匠・富本憲吉も「定家蔓」を作陶のモチーフとしました。古代、中世、そして明治へと受け継がれ、歴史の変わり目に起きた3つの「大和維新」。本シンポジウムではその文化、偉人の気概や英知を育んだ風土の原点を探ります。

  たくさんのご来場、お待ちしております。


第1部 基調 講演会  『能と安堵町』

     明治大学 学長 土屋 恵一郎 氏


第2部 パネルディスカッション

  元春日大社 岡本 彰夫 氏

  歴史小説家 植松 三十里 氏

  公益社団法人郡山城史跡・柳沢文庫保存会研究会 吉田 栄治郎 氏

  公益社団法人ソーシャル・サイエンス・ラボ 専務理事 川井 徳子 氏 


と き:11月11日(日)

午後1時から    受付

午後1時30分から 開演

ところ:明治大学リバティーホール(東京都千代田区神田駿河台1-1 リバティータワー1階)

入場料:無料

定員:500名

申し込み方法:ファックス・WEBで(別ウインドウで開く)(申込受付は、公益社団法人ソーシャル・サイエンス・ラボに委託しています。)

詳しくは WEB(別ウインドウで開く) または チラシ(別ウインドウで開く) をご覧ください。

安堵町・明治150年記念シンポジウム大和維新 チラシ

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。