ページの先頭です

まちの概要

[2018年11月2日]

ID:2093

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

位置・地勢

 安堵町は、奈良盆地の北西部にある面積4.31平方キロメートルの全国で3番目に小さな町です。大和川と富雄川の合流地点にあり、西は斑鳩町、北東は大和郡山市、南は河合町と川西町に囲まれ、聖徳太子が飛鳥と法隆寺を行き来の際に通ったとされる太子道があるなど、奈良時代からの我が国の歴史のルーツの一つのエリアを形成しています。

  
 奈良市まで直線距離で10km 強、大阪市まで30km、京都市まで50km と関西の大都市の通勤圏の位置にあります。

交通

 町内に鉄道駅はありませんが、隣接する斑鳩町にJR法隆寺駅、大和郡山市にJR大和小泉駅と近鉄平端駅・筒井駅があり、JR法隆寺駅と近鉄平端駅の間は、安堵町コミュニティバスが運行しており、奈良交通路線バスもJR法隆寺駅と町内(かしの木台)の間を運行しています。

 また、西名阪自動車道が町の中央を東西に走っており、町を挟むように法隆寺ICと大和まほろばスマートICがあり、車での移動も便利です。

町民憲章

 わたしたちは、いにしえの歴史と文化が香る安堵のまちを愛し、先人の築いた教えに誇りをもって、一人ひとりが交流し支えあうほっと安堵できるまちをめざします。

・お互いを尊重し、心の通い合う温かいまちにしましょう

・すこやかで生きがいのある、安心して暮らせるまちにしましょう

・自然と調和のとれた美しい住みやすいまちにしましょう

・活力と希望に満ちたまちにしましょう

・歴史と伝統を受け継ぎ、郷土の文化を発信するまちにしましょう

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。