ページの先頭です

健全化判断比率および資金不足比率の公表について

[2019年9月11日]

ID:2276

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

健全化判断比率・資金不足比率


「地方公共団体の財政の健全化に関する法律」に基づき「健全化判断比率」および「資金不足比率」を公表します。


健全化判断比率とは

健全化判断比率は次の4つの指標で示されます。
この比率が「早期健全化基準」を超過した場合は「早期健全化団体」となり「財政健全化計画」を、「財政再生基準」を超過した場合には「財政再生団体」となり「財政再生計画」を策定しなければなりません。


・実質赤字比率

一般会計等の赤字額の標準財政規模に対する割合を示します。
一般会計等の実質収支額が負の値(実質赤字額)となった場合に、当該実質赤字額の標準財政規模に対する割合が実質赤字比率となります。

・連結実質赤字比率

全ての会計の赤字額を合計した額の標準財政規模に対する割合を示します。
全ての会計の実質収支額等を合算した結果が負の値(連結実質赤字額)となった場合に、当該連結実質赤字額の標準財政規模に対する割合が連結実質赤字比率となります。

・実質公債費比率

一般会計等が負担する借入金の返済額等の標準財政規模に対する割合を示します。この指標は、3か年の平均値で示します。

・将来負担比率

一般会計等が将来負担すべき実質的な負債から、基金(貯金)など返済に充てることができる財源を控除した数値の標準財政規模に対する割合を示します。

※「将来負担すべき実質的な負債」とは、一般会計等の地方債残高、債務負担行為に基づく支出予定額、町が加入する一部事務組合等の地方債の負担見込額、退職手当支給予定額のうち、一般会計等の負担見込額等が含まれます。


資金不足比率とは

公営企業ごとの資金の不足額の事業の規模に対する比率を示します。
この比率が「経営健全化基準」を超過した場合は、「経営健全化団体」となり「経営健全化計画」を策定しなければなりません。


平成19年度 健全化判断比率および資金不足比率

平成20年度 健全化判断比率および資金不足比率

平成21年度 健全化判断比率および資金不足比率

平成22年度 健全化判断比率および資金不足比率

平成23年度 健全化判断比率および資金不足比率

平成24年度 健全化判断比率および資金不足比率

平成25年度 健全化判断比率および資金不足比率

平成26年度 健全化判断比率および資金不足比率

平成27年度 健全化判断比率および資金不足比率

平成28年度 健全化判断比率および資金不足比率

平成29年度 健全化判断比率および資金不足比率

平成30年度 健全化判断比率および資金不足比率

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。