ページの先頭です

1学期の授業風景

[2020年8月5日]

ID:2499

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

1学期の授業風景

新型コロナウイルス感染の拡大により長らく休校措置がとられていましたが、

5月末より段階的に再開に向けて動き出し、6月より全校児童の登校が始まりました。

ただ、感染リスクがゼロになったわけではありません。対策マニュアル

「新しい学校の生活様式」に基づき、感染対策を施しながらの学校生活の再開です。

さまざまな制約の中で窮屈さはありますが、今できること、しなければならないことを

確かめ合いながら、力を合わせてコロナ禍を乗り越えていきたいと思います。

少しずつ取り戻しつつある通常生活の様子をお伝えして参ります。

休み時間の運動場にも子どもの声が帰ってきました。

給食配膳はデリバリー方式で

6年生議場見学(8月3日)

6年生が、社会科の政治学習の一環として

安堵町議会の議場を見学しました。

福井議長様から、議会の役割についての

ご説明をはじめ、ご自身の経験も交えて

これからさまざまな夢を持って成長していく

子どもたちにあたたかいメッセージも頂戴

しました。また、議長様のご厚意で、

特別に議員や行政職員の方々の席にも

座らせていただきました。今年は、例年より

短い見学時間でしたが、子どもたちにとって

貴重な体験となったことでしょう。


ひとりずつ一礼し、議場に入室しました。

緊張した面持ちで席に着く子どもたち

調理員さんありがとう(7月17日)

7月17日(金)は1学期最後の給食でした。メニューは、

子どもたちの大好きなカレー。

実は、これが小学校の給食室で調理される最後の給食でした。

2学期からは、安堵中学校の給食センターで作られた給食が

小学校に運ばれることになります。

この日、6年生がお世話になった調理員さんに感謝の気持ちを

伝えるために、ささやかなイベントを企画してくれました。

ひとりひとりお礼の気持ちを伝えて、メッセージカードと

手作りの花束を渡しました。調理員の方々の中には、

6年生の子どもたちが生まれる前から安堵小学校の給食に

携わってこられた方もおられます。

子どもたちからの突然のメッセージに涙ぐむ調理員さんの姿もありました。

入口で司会者が調理員さんを会場へと誘います。

ひとりひとりが給食の思い出を交えて感謝の気持ちを伝えます。

トウモロコシ皮むき体験(6月30日)

毎年、3年生が農業者リーダー会の方々の協力を得て
トウモロコシの収穫体験をしています。少しずつ
通常学習活動が再開されつつある今日、収穫体験を
計画していましたが、あいにくの雨。しかたなく、
届けて頂いたトウモロコシの皮むきだけ体験しました。
ゆであがったトウモロコシは、この日の給食メニューの
一品に加えられ、全校児童にふるまわれました。


間隔をあけて作業

実がいっぱいつまってる。

トウモロコシ甘い!

筍を描く (6月17日)

例年は、3年生が中家住宅の見学も兼ねて、タケノコ掘りも体験させてもらっています。

しかし、今年は、新型ウイルス感染の影響で実施できませんでした。

タケノコ掘りはできませんでしたが、事前に何本か分けてもらって図工の時間に

描くことにしました。しっかりと対象を見つめて個性豊かなタケノコの絵ができました。

対象をしっかりと見つめて・・・

個性豊かな筍の絵ができました。

どの筍も元気いっぱい!

お問い合わせ

安堵町役場安堵小学校

電話: 0743-57-2004

ファックス: 0743-57-5737

電話番号のかけ間違>いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。